アイフルの金利はいくら

カードローン

アイフルの金利はいくら?引き下げる手段や利息の計算方法も解説!

「アイフルの金利は何%?」「アイフルの金利は他社と比較して高いの?」「アイフルの利息計算ができないけれどどうすればいい?」など、アイフルの金利に関する疑問を持っている方もいるのではないでしょうか。

アイフルは20代・30代の利用者数が多く、口コミの評判も良いカードローン会社です。CM好感度が高いため、初めての借り入れ先として選ぶ方が多く見られます。

アイフル公式ホームページでは金利や利息について書かれていますが、初めての方はわかりにくいと感じる場合も。

金利や利息はカードローン初心者が疑問に思いやすい部分です。

そこで本記事では、以下の方に向けてアイフルの金利について詳しく紹介しています。

  • 利息計算が苦手
  • 計算するのが面倒

後半では金利を下げる方法についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

参考:https://www.aiful.co.jp/statement/usecase/

アイフルの金利は高い?他社と比較して検証

アイフルの金利は高いと口コミで噂になっていますが、本当に金利が高いのか、アイフルと同じ消費者金融で人気が高い以下の業者と比較してみました。

  • アコム
  • レイクALSA
  • SMBCモビット

結果を見てみましょう。

消費者金融金利
アイフル3.0~18.0%
レイクALSA4.5~18.0%
アコム3.0~18.0%
SMBCモビット3.0~18.0%

アイフルの下限金利である年3.0%はアコムやSMBCモビットと同じで、レイクALSAより1.5%低く設定されています。

通常借り入れ額が高いほど金利は低くなる傾向が見られ、レイクALSAは上記4社の中で唯一利用限度額が500万円までです。

他の3社は利用限度額が800万円までなので、似たような金利だと言えます。

一方、上限金利は他社と同じです。

初めて借り入れをする場合は上限の金利が適用されるケースがほとんどなので、他社と金利を比較する際には上限の金利を比較する必要があります。

上限金利を比較するとアイフルは他社と同じ水準で、金利が高いわけではありません。

アイフルの通常の金利は3.0%~18.0%ですが、ファーストプレミアムカードローンという初めてアイフルを利用する方限定の特別なプランもあります。

ファーストプレミアムカードローンの特徴は以下の通りです。

  • アイフルに初めて申し込む方限定の商品
  • 一定の年収が必要
  • Web申し込み限定
  • 申し込み可能年齢は満23歳から59歳
  • 利用限度額は100万円から800万円

一定の年収が必要と公式サイトで案内されているように、通常のキャッシングローンよりも審査基準は厳しくなりますが、審査に通れば金利は3.0~9.5%まで下がります。

消費者金融では、法律の関係で年収の3分の1を超える借り入れができません。

ファーストプレミアムローンに申し込むなら、どんなに少なくても年収が300万円は必要です。

最初から法律のギリギリの範囲までの融資は難しいため、さらに高い年収が求められると考えましょう。

アイフルの金利は利用限度額によって幅がある

アイフルの金利は3.0%~18.0%と幅があります。金利に幅があるのは、利用限度額によって適用される金利が違うからです。

利用限度額とは申し込みの際の審査で決められる借り入れ可能な金額の上限で、利用可能枠ともいいます。利用限度額が100万円と通知がきたら、100万円の範囲で自由に借り入れや返済が可能です。

例えば利用限度額が20万円に設定されたAさんを例に考えてみましょう。

Aさんが最初に10万円を借りると、以下のようになります。

1回目の借入:20万円(利用限度額)-10万(借入金額)=10万円(借り入れ可能な金額)

利用限度額が20万円なので、10万円借りた後もさらに10万円まで借り入れが可能です。

5万円を返済すると、以下のようになります。

1回目の返済:5万円(返済額)+10万円(借り入れ可能な金額)=15万円(返済後に借入可能な金額)

5万円返済したので、15万円まで借りられるようになりました。

上記のように、決められた利用限度額の範囲内であれば何度でも借り入れができ、返済をした分借り入れ可能な金額が戻る仕組みになっています。

アイフルの利用限度額は1万円~800万円までで、利用限度額によって以下のように金利に幅が設けられています。

利用限度額金利
50万円まで3.0~18.0%
100~300万円3.0~15.0%
300万円超3.0~12.0%

上記の金利はアイフルの返済シミュレーションで各利用限度額に対して想定されている金利です。

参考:アイフル│ご返済一覧表

利用限度額が300万円を超えると金利が年12.0%になると明記はされていませんが、可能性が高いと考えられます。

100万円を超える借り入れの場合は、法律によって上限の金利が年15.0%までと決められているため、年15.0%を超えることはありません。

例えば50万円借りた場合は18.0%が上限金利となりますが、100万円以上のときは15.0%まで下がります。

利用限度額がわからない場合は、アイフルの会員ページから確認可能です。

アイフルの利用限度額は審査によって決められる

アイフルでは利用限度額が高い方が金利が低くなる傾向が見られるため、高い利用限度額を希望する方もいるのではないでしょうか。

しかしアイフルの利用限度額は審査により厳密に決められるため、希望通りにはいかない可能性も。

審査では以下のような点がチェックされます。

  • 年収
  • 家族構成(世帯数、住居は賃貸か持ち家か)
  • 職場(会社規模、入社年数)
  • 他社の借入状況(他社ローン件数、他社借入額)

審査を行うのは、申し込んできた人の返済能力を超える融資をしないためです。

望む結果にならない可能性があるのは、知っておきましょう。

貸金業法には総量規制の定めがあるため、特に年収は重点的にチェックされます。

総量規制とは何か、確認しましょう。


「返済能力を超える貸付け」は禁止されています。 この「返済能力を超える貸付け」に該当するか否かを判断する基準の一つとして、新たな貸付けにより借入残高が、年収の3分の1を超える場合に、原則として返済能力を超えるものとして禁止されるのが、いわゆる総量規制です。

引用元:https://www.j-fsa.or.jp/association/money_lending/law/annual_income.php

私たち消費者がむやみな貸付けにより返済に困らないように、年収の3分の1以内の額しか借りられないよう法律が制定されているのです。年収が少ないと少額しか融資されません。

利用限度額は、通常以下の流れで決められます。

  1. アイフルの審査申し込みの際に申込者が希望限度額を伝える
  2. 審査が行われて利用限度額が決まる

アイフルの審査に申し込む際、基本的に自分の借りたい額を言いますが、先程も確認したようにアイフルでは返済能力を超える借り入れはできません。

収入だけではなく他社の借入状況なども審査で調査して利用限度額を決めるため、度を越した金額を記載すると「返済できそうにないのに申し込んだ」とアイフルからの信用が得られないため注意が必要です。

「計画性のない人、貸し倒れしそうな人」という印象を持たれないように、年収の3分の1を目安にしながら返済可能な額を希望しましょう。

初回の貸し付けで50万円以上の利用限度額が設定されるケースは稀です。顧客に返済能力があったとしても、きちんと計画通りに返済してくれるか書類の情報だけでは分からないからです。

下記に当てはまる方は、利用限度額が高くならないと考えましょう。

  • 他社で借り入れをしている
  • 年収が少ない
  • 転職して間がない
  • 過去金融事故を起こした

総量規制で言う年収の3分の1には、他の貸金業者から借り入れをした金額も含まれます。

他社での借入額も含めて年収の3分の1に収まる必要があり、高額の融資が期待できないのです。

年収が少ない場合も、総量規制の影響でまとまった金額は借りられません。

転職して間がないと収入面が変化していて、今後仕事を続けられるかも不安視されるため、アイフル側も慎重に検討せざるを得ません。

過去金融事故を起こしていると、少額融資どころか審査すら通らない可能性があります。

金融事故を起こしているとは、長期滞納や自己破産、債務整理をした事実がある状態です。

「ブラックリスト入りする」と例えられるケースもありますが、アイフルは信用情報機関で申込者が返済上の問題を起こしていないか、情報を調べてから審査しています。

信用情報機関とは個人の借り入れに関する記録を集めて保管している機関で、借入額や返済状況など借入に関する情報を確認可能です。

金融事故を起こしている場合、最大5年間(自己破産の場合は借り入れ先によっては10年間)は信用情報機関に登録されるため注意しましょう。

アイフルで金利を引き下げる方法は3種類ある

アイフルで金利を引き下げる方法は、以下のように3種類あります。

  • 返済実績を積む
  • おまとめローンで借入する
  • 増額をして利率を下げる

金利の下げ方について詳しく見ていきましょう。

アイフルで返済実績を積む

アイフルで金利を下げるには返済実績を積むことが重要です。

特にアイフルに働きかけもせずに実績を積むだけですから、一見消極的な行動だと考える人もいるかもしれません。

しかし1番デメリットがない堅実な方法です。

返済実績がある人とは、以下の要件に当てはまる行動を起こしている人を言います。

  • 毎月遅延なく返済している
  • 繰り上げ返済をしている
  • アイフルと途切れずに付き合っている

アイフルできちんと毎月遅延なく返済している人は、信用できると思ってもらいやすく返済実績があるといえます。

繰り上げ返済を行って短期間で返済している人は金銭面で余力があると判断されるので、有利です。

長期的に借り入れをして毎月コツコツ返済していれば、アイフルにお得意様だと認められます。

信用力が高い人にはアイフルも積極的に借りて欲しいため、金利を下げてもらえる可能性があるのです。

アイフルから競合他社に乗り換えられるのを避けるためにも、金利を下げるケースがあります。

返済実績を積むにはそれなりの利用期間は必要なので、アイフルに信用してもらえるまできちんと返済をして、余裕がある時には繰り上げ返済も行いましょう。

アイフルのおまとめローンで借入する

複数の借り入れがあって返済に困り、利息を下げられないかと考えている方の場合、アイフルのおまとめローンを利用すれば金利が下がる可能性があります。

おまとめローンとは下記のような方におすすめの商品です。

  • ローン返済が苦しくなってきた
  • 多重債務に陥っている
  • 複数の業者から100万円以上借りている

おまとめローンは複数ある借り入れを一本化する目的の商品で、返済に関する問題を抱えている人の悩みを解決してくれます。

他社のローンをアイフルでまとめると借入額が高くなるため、今よりも金利が低くなる可能性があるのです。

例えば他社数社で18.0%の金利で借りている人の借入合計額が100万円以上の場合、アイフルで借り入れを一本化すると金利が15.0%まで下がります。

法律によって100万円を超える融資を行う場合の金利の上限が15.0%と決められているからです。

おまとめローンは総量規制の対象商品でないため、年収の3分の1を超えるローン債権もアイフルでまとめられます。


総量規制になじまない貸付け(「除外貸付け」)や、顧客の利益の保護に支障を生ずることがない貸付け(「例外貸付け」)については、たとえ、年収の3分の1を超えていても返済能力があると認められれば、貸金業者から借入れすることができます。

引用元:https://www.j-fsa.or.jp/association/money_lending/law/annual_income.php

アイフルのおまとめローンは上記の「例外貸付け」に当たるため、※返済能力があると判断されれば利用できます。

他社消費者金融だけでなく、銀行系ローン、クレジットカード決済のリボ払いもひとまとめにできます。

※審査があります

たとえばプロミスおまとめローンのように、銀行系カードローンやクレジットカードのショッピングはおまとめの対象とならない商品もあるため、銀行系ローンもまとめられるのはアイフルの大きなメリットです。

ただしおまとめローンは返済専用のローンで、※新たな借り入れは基本的にできません。

※新たな借り入れ希望の場合はアイフルに相談が必要

アイフルのおまとめローンには「かりかえMAX」と「おまとめMAX」の2種類があります。

かりかえMAXはアイフルを利用するのが初めての方向けの商品で、他社のローンをアイフルでまとめて、アイフルのみに返済をしていくシステムです。

おまとめMAXはアイフルと他社のローン契約をアイフル一本でまとめるシステムで、アイフルを利用中の方やアイフルを過去に利用していた方を対象に融資を行っています。

借入金額の増額をして利率を下げる

借入金額の増額をすると、金利が下がる可能性があります。

増額とは申し込みの際の審査で決まり、アイフルから通知を受けた利用限度額をさらに上げることです。

アイフルで100万円以上の利用限度額が設定されれば、金利が下がります。アイフルでは利用限度額が100万円以上の借り入れなら上限の金利が15.0%までになるからです。

金利は利用限度額を元に決められるので、返済をして借入額が減っても利率が上がることはありません。

ただし増額してもらうには増額審査に受かる必要があります。

希望する利用限度額が50万円を超える場合、収入証明書も必要です。

増額審査は初期申し込み時よりも厳しくなると想定されます。

利用限度額が増えるとアイフル側にとっては貸し倒れのリスクが増えるため、信用があると判断しなければ審査には通しません。

返済能力がある人でないと利用限度額は上げられないので、審査に落ちる可能性もあると知った上で増額を検討しましょう。

増額審査はアプリと電話から申し込み可能です。aiメール(アイメール)で増額案内が来ることもあるため、一度検討してみてはいかがでしょうか。

アイフルの利息を実際にシミュレーション!計算方法は?

アイフルの利息は高くないと説明しましたが、実際どれくらいかかるのか、イメージがつきにくいい方もいるのではないでしょうか。

アイフルの利息が実際にいくらなのか「1万円」「10万円」借りた場合でシミュレーションしてみました。

「1万円」「10万円」を設定した理由は、消費者金融での融資を申し込む場合、少額融資を希望される方が多いからです。

具体的な利息と計算方法を確認しましょう。

1万円を30日間ご利用の場合

アイフルで1万円を30日間借りたときの利息額を見ていきましょう。

100万円未満の融資の場合、金利が18.0%と定められるケースが多いため、18.0%で計算しています。

利息147円
総返済額10,147円

アイフルの公式ホームページを確認すると、利息の計算式は【利用残高×契約年率÷365日※×借入日数】と記載されています。

※うるう年の場合は366

利用残高とは実際に借り入れをしている金額で、契約年率とは審査の際に決められた金利です。

借り入れをしている金額と金利を掛けて1年間でかかる利息額を出してから、365日(うるう年は365日)で割って1日分の利息額を算出します。

アイフルは日割り計算なので、借りた日数をかけて総利息額を出す流れです。

1万円を金利18.0%で30日間借りたときの実際の計算式を見てみましょう。

【10,000×18.0%÷365日×30日=147円】

計算の途中で出てくる数字の意味は、以下の通りです。

10,000×18.0%=1,800円(1年分の利息)

1,800÷365日=約4.93円(1日分の利息)

約4.93×30日=147円(30日分の利息)

1年分の利息額を出してから1日分の利息を算出して、借りた日数分請求する流れで利息額が計算されています。

10万円を30日間ご利用の場合

アイフルで10万円を30日間借りたときの利息額も見てみましょう。

金利18.0%の場合を想定して計算した結果は、以下の通りです。

利息1479円
総返済額10,1479円

10万円を30日間利用する場合も、先程と同様に【利用残高×契約年率÷365日※×借入日数】という計算式に当てはめて以下のように計算します。

【100,000×18.0%÷365日×30日=1,479円】

計算の途中で出てくる数字の意味は、以下の通りです。

100,000×18.0%=18,000円(1年分の利息)

18,000÷365日=約49.31円(1日分の利息)

約49.31×30日=1,479円(30日分の利息)

1万円のときと同じように「1年分の利息→1日分の利息→30日分の利息」と順番通り計算しています。

返済額を減らすには金利を下げる必要がある!

「少しでも返済額を減らしたい」「返済を楽にしたい」と考えている場合、返済額を減らすには金利を下げる必要があります。

金利を下げると利息が減り、返済総額も下がるからです。

金利が下がると返済額にどの程度の差がうまれるのか、シミュレーションしてみました。

1万円を30日間借りた場合を例に、金利18.0%、15.0%、13.0%で返済額を計算した結果は以下の通りです。

金利返済額
18.0%10,147円
15.0%10,123円
13.0%10,106円

10万円を30日間借りた場合についても見てみましょう。金利18.0%、15.0%、13.0%で計算した結果は以下の通りです。

金利返済額
18.0%11,479円
15.0%14,109円
13.0%11,068円

1万円借りる場合、利息の違いは18.0%と13.0%の場合でも41円で、あまり差はありません。

10万円のときは、18.0%と13.0%と金利が5%違えば411円の差が出ます。

少額融資のときはあまり差が出ませんが、借入額が大きくなるにつれ金利による利息の差も大きくなります。

金利が下がれば利息は下がるのです。

一度きりの融資なら問題はないのかもしれません。

しかし何度も借り入れをする予定の方や10万以上の融資を希望する方は、金利を下げる方法を知っておくと役立ちます。

アイフルは無利息キャンペーンでお得に借りられる

アイフルでは初めて借り入れをする人を対象として30日間利息0円のキャンペーンを行っているので、お得に借り入れが可能です。

契約日の翌日から無利息のため、契約してすぐに借り入れをしないでいると無利息期間が30日間よりも短くなります。無利息期間を目一杯利用するためにも、契約したらすぐに借り入れをしましょう。

無利息期間を適用すると何円安くなるのか、具体的にシミュレーションしてみました。

金利18%で30日借り入れした場合を例に計算した結果は、以下の通りです。

借入金額利息総返済額
10万円1,479円101,479円
20万円2,958円202,958円
30万円4,438円304,438円
40万円59,17円40,5917円
50万円7,397円507,397円

融資金額が高いほど利息も高くなるので、無利息サービスを利用するとよりお得です。

無利息期間中に繰り上げ返済をして無利息期間中に完済すると、利息なしで借り入れができます。

完済できなくても1ヶ月分の利息がかからないので、お得です。

アイフルの無利息キャンペーンを利用する条件は?

30日間無利息で借りられるアイフルのキャンペーンですが、利用するにあたって条件があります。

条件に該当する方以外無利息は適用されないため、自身が当てはまるのか確認してみてください。

アイフルを初めて利用する方

アイフルの無利息キャンペーンは、アイフルを初めて利用する人が対象です。かつてアイフルでカードを作った方は適用できませんので注意しましょう。たとえ借り入れをしていなくても、契約をしている方は利用できません。

アイフルを初めて利用する人は多いため、この条件には多くの人が当てはまるのではないでしょうか。

アイフルの決算資料によると、アイフルの新規利用者数は下記の通りです。

  • 2018年度 211,343人
  • 2019年度   180,666人

参考:アイフル決算データ2018年アイフル決算データ2019年

アイフルに初めて申し込む人は毎年18万人以上で、評価が高いのが特徴です。

インターネットリサーチ会社ショッパーズアイが行っているカードローンの好感度調査を見れば、アイフルの評判の良さがわかります。

アイフルを含むカードローン10社を調査したところ、以下の項目でアイフルがナンバー1に輝きました。

  • 初めてのカードローン利用でも安心した
  • 返済に選べる選択肢が多い
  • CMに対する好感度が高い

「初めてのカードローン利用でも安心した」という質問項目は、カードローン1年以内の利用経験者を対象として調査したものです。

上記の結果から、アイフルは初めての方に好まれるカードローンであるといえます。

※調査は2020年4月に行われました

 アイフルの無担保キャッシングローンを利用する

無利息サービスを適用するには、アイフルの無担保キャッシングローンを利用する必要があります。

無担保キャッシングローンとは、融資を受ける際に担保がいらないローンです。

住宅ローンなどの担保が必要なローンでは、代金を弁済できない場合に担保を売却して返済に充てなければいけません。

利用者の信用を元に融資をする無担保ローンでは、担保がいらない代わりに、金利が高い傾向が見られます。金融機関は、貸し倒れのリスクを金利で補っているのです。

アイフルには無担保キャッシングローン以外にもおまとめローンなどの商品を取り扱っています。

以下の無担保キャッシングローンに申し込めば、無利息期間の適用が可能です。

  • キャッシングローン
  • ファーストプレミアムカードローン
  • SuLaLi

キャッシングローンはアイフルのスタンダードなカードローンで、利用者の多いローン商品です。

ファーストプレミアムカードローンは3.0%~9.5%と金利が低いためお得に借りられます。しかし利用できる年齢が「満23歳以上59歳まで」で、キャッシングローンやSuLaLiの満20歳以上よりも狭いのが特徴。

公式サイトで一定以上の収入が必要と案内されていることもあり、審査が厳しいと予想されます。

SuLaLiは女性専用カードローンで女性オペレーターが電話口で対応してくれるため、女性にとっては安心して利用できるローンです。

カードデザインを2種類から選択可能。

消費者金融のカードとは思えないほどとても華やかで、女性が持ち歩きやすいデザインのカードです。

借り過ぎが心配な女性に配慮して、利用限度額は10万円までに設定されています。

好きな商品を選んで無利息期間を賢く使いましょう。

-カードローン

© 2022 おすすめの消費者金融カードローン比較!後悔しないために必要な知識まとめ